特集記事

全 809 件
    次の10件>  最終>>|
2020/05/29

特集 本人の「心づもり」を共有するために、患者・家族が納得できる「人生会議」

患者の意思の実現を考える本人目線での支援の取り組み

患者の意思を尊重した医療・ケアを提供し、尊厳ある生き方を実現するというアドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning:ACP)。言葉自体は知られるようになったものの、なぜACPが必要なのか、どう取り組めばいいのかといった疑問点なども多い。国立がん研究センター東病院精神腫瘍科の小川朝生科長にACPの考え方、日本で推進していくうえでの現状と課題、ACPで重要となる意思決定支援のあり方を解説してもらった。  ・・・もっと見る


2020/05/27

特集 院内感染対策は平時からの体制づくりや人材教育が必須

【成功事例】感染症から患者やスタッフを守る

5月に入って、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、一時の勢いを失いつつある。しかし、油断は禁物だ。感染の第2波が懸念されるほか、そもそも人類と新たな感染症との闘いに終わりはない。医療崩壊も危ぶまれた今回の経験を糧に、感染拡大時の医療体制を平時から考えておくべきであろう。その参考になりうるのが、徳洲会グループの葉山ハートセンターの事例である。感染症病棟を持たない同院で2月下旬から陽性患者10名を受け入れ、他の患者やスタッフからは1人の感染者を出すこともなく、3月中旬に患者全員を退院へと導いた。  ・・・もっと見る


2020/05/22

特集 電話・オンラインにおける医学管理料等の算定

疑義解釈の解説

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、4月10日に電話や情報通信機器(以下、オンライン)を用いた診療について、初診からの算定が認められました。一方で、慢性疾患を有する定期受診患者に対する電話やオンラインで診療する際の管理料の算定についても、その取り扱いが明確化されています。今回は、4月10日以降に相次いで出された医学管理料等の疑義解釈を解説します。  ・・・もっと見る


2020/05/20

特集 2020度診療報酬改定におけるICT化の評価

「業務の効率化に資するICTの利活用の推進」と「医療におけるICTの利活用」

2020年4月の診療報酬改定は、少子高齢社会の影響から人手不足が深刻化しており、働き方改革とICT(情報通信機器)の活用に着目した改定内容となりました。特に、ICTの活用については、2月~4月に相次いで出された、「新型コロナ関連通知」ともつながる内容であり、政策の全体像を理解・把握するために、重要な内容となります。  ・・・もっと見る


2020/05/19

特集 電話及び情報通信機器を用いた初診が限定解除

新型コロナウイルス感染拡大の影響から、医療機関の受診が困難になりつつあることを受けて、時限的・特例的な対応として、4月10日の厚労省通知により、電話や情報通信機器を用いた診療や処方、服薬指導が初診から可能となりました。  ・・・もっと見る


2020/05/18

特集 入院単価4万円台でもイケる!「地域急性期」病院の経営(5)

【追記】答えは現場にある

国の医療政策では「病院の機能分化」が掲げられ、実際、病院の多くは「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」と、それぞれの色を鮮明にしつつある。ただ、その一方で大半は回復期機能だけれど急性期機能も維持している、全床地域包括ケア病棟だが病院の看板は「手術機能」、あるいは医師を集めて急性期機能を強化する―など、国の方向性をにらみつつ、地域のニーズにしっかりと対応する病院の多様性をうかがうことができる。  ・・・もっと見る


2020/05/15

特集 入院単価4万円台でもイケる!「地域急性期」病院の経営(4)

【生きる道-3】専門性を特化

前身の一般病院を承継し、周辺で担い手の少なかったスキルの高い低侵襲手術や内視鏡検査、特定の疾患に特化した診療体制を築くことで、他院との差別化を図ってきたメディカルトピア草加病院。付加価値を生む一方、固定収入を確保することで経営を盤石なものとする。  ・・・もっと見る


2020/05/11

特集 入院単価4万円台でもイケる!「地域急性期」病院の経営(3)

【生きる道-2】全床地域包括ケア病棟へ

右田病院は長年にわたって、東京都郊外の八王子市内の救急医療を支えてきた。全床を地域包括ケア病棟に転換するなど、高齢者のニーズにもこたえながら、その強みにさらに磨きをかけようとしている。  ・・・もっと見る


2020/05/07

特集 入院単価4万円台でもイケる!「地域急性期」病院の経営(2)

【生きる道-1】ケアミックスへ

兵庫県東部で不足している回復期リハビリテーション病床を地域一有するはくほう会セントラル病院。ケアミックス病院として随時病棟機能を見直しつつ、地域住民からの信頼が厚い回復期病床機能を強化することで、病床稼働率向上と患者数増につなげている。  ・・・もっと見る


2020/05/01

特集 入院単価4万円台でもイケる!「地域急性期」病院の経営(1)

【解説】生きる道の見つけ方

病院機能の分化と役割分担は、医療政策の大きな柱となっているが、病床機能報告が示すような「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」と明確に切り分けられるケースはむしろ少ない。「高度急性期」「急性期」は入院単価が6万円以上なければ機能の維持が難しいと言われるが、なかには入院単価が4万円台にもかかわらず、地域の急性期を担う病院も数多い。そうした病院の多くは現状維持に固執することなく、さまざまな方策を講じて地域での役割を果たそうとしている。ここでは、そうした「地域急性期」を担う病院を追った。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>|


ページトップへ戻る