全 32,063 件
    次の10件>  最終>>|
2022/09/30

【NEWS】21年度3月の調剤医療費を公表 厚労省

後発医薬品使用割合は82.1%

厚生労働省は9月16日、「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」(2021年度3月)を公表した。それによると21年度3月の調剤医療費は7,194億円(対前年度同期比1.5%増)、後発医薬品の使用割合は数量ベース(新指標)で82.1%(0.0ポイント減)だった。詳細は以下の通り。  ・・・もっと見る


2022/09/30

【NEWS】[医療提供体制]医療福祉人材、40年に96万人不足

厚労白書

厚生労働省は9月16日の閣議で、2022年版厚生労働白書を報告した。医療福祉分野の就業者数について高齢者人口がピークを迎える40年に1070万人が必要となるのに対し、確保が見込まれるのは974万人にとどまり、96万人が不足すると推計。先端技術の活用などにより担い手不足を補う必要性を強調した。   ・・・もっと見る


2022/09/30

はじめての施設長マニュアル(25)

営業活動は地域福祉を支える重要な活動

施設長の悩みの種としてよく聞かれる言葉が、「外回りの営業活動は行うべきだと思っているし、実際行いたいけれど、現場が忙しくてフォローしなければならず、営業に回れるだけの時間が作れない」ということです。  ・・・もっと見る


2022/09/29

[医療改革] 高齢者医療制度への支援金見直しで議論 社保審・医療保険部会

社会保障審議会 医療保険部会(第154回 9/29)《厚生労働省》

社会保障審議会の医療保険部会は29日、前日の全世代型社会保障構築会議の議論を踏まえ、現役世代の負担を抑えるため高齢者医療制度への支援金の見直しなどの具体的な枠組み作りの議論を始めた。  ・・・もっと見る


2022/09/29

[医療提供体制] かかりつけ医機能の制度整備へ議論開始 社保審・医療部会

社会保障審議会 医療部会(第91回 9/29)《厚生労働省》

社会保障審議会の医療部会は29日、「かかりつけ医機能」を巡る議論を始めた。  ・・・もっと見る


2022/09/29

【NEWS】21年度の1人当たり費用額は17.3万円 介護給付費等実態統計

新型コロナの影響受け、前年比で1.2%減少

 厚生労働省は9月21日、2021年度の「介護給付費等実態統計」(21年5月~22年4月審査分)の結果を公表した。それによると、受給者1人当たり費用額(22年4月審査分)は17万2,800円となり、前年同月比で2,100円(1.2%)減少した。通所介護や通所リハビリテーションでは年間実受給者数が前年度から横ばい、あるいは減少しており、コロナ禍での利用控えの影響とみられる。  ・・・もっと見る


2022/09/29

【NEWS】[調査・統計]65歳以上は最多の3,627万人、総人口の29%

総務省

総務省は9月18日、統計からみた日本の65歳以上の高齢者の姿について取りまとめ発表した。  ・・・もっと見る


2022/09/29

スタッフがワクワク仕事に取り組める環境整備で自立型の組織をつくる

医療法人佑諒会千里中央花ふさ皮ふ科(大阪府豊中市)

千里中央花ふさ皮ふ科は、「患者さんに信頼され、スタッフがワクワク働き、クリニック自体が成長し、日本社会に貢献する、4方よしのクリニック」を理念に掲げ、皮膚科の保険診療をベースに美容皮膚科の自費診療も行っている。  ・・・もっと見る


2022/09/28

[医療提供体制] 在宅で積極的役割担う機関、医療計画に記載 厚労省WG了承

在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(第6回 9/28)《厚生労働省》

厚生労働省の「第8次医療計画等に関する検討会」の作業部会は28日、在宅医療で積極的な役割を担う医療機関や連携拠点を2024年度からの次期医療計画に位置付けるとともに、都道府県がそれらを圏域内に少なくとも1つ以上設定するよう求めていくことを決めた。  ・・・もっと見る


2022/09/28

[医療改革] 高齢者医療、現役世代の支援金見直しを検討へ 政府

全世代型社会保障構築会議(第7回 9/28)《内閣官房》

政府の全世代型社会保障構築会議が28日に開かれ、医療・介護制度改革などテーマごとの本格的な議論を始めた。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>|


ページトップへ戻る